経験に基づいた、高度な専門医療をご提供。東京都新宿区 左門町皮膚科

新宿区,左門町皮膚科よりのご挨拶タイトル画像

1989年1月7日、当時の小渕恵三官房長官(後の首相)が墨で書かれた生乾きの新元号「平成」をTV画面で発表し、翌1989年1月8日から「平成」がスタートして30年が過ぎました。いよいよ本年4月1日に次の新しい元号の発表があり、新天皇が即位される5月1日から新元号初年がスタートします。

私たちの左門町皮膚科は新元号初年の5月17日から、開業15年目に入ります。「歳月人を待たず」とはよく言ったものです、また、気分を新しくして、地域医療に一層貢献して行きたいと思っております。 

皮膚病の診察には病気の皮膚を眼で診ることが一番大切です。受診される時には診察に手間のかからないような服装でお出かけ下さると大変助かります。また、最近は、ときに発疹が出始めの頃を「スマホ」に記録し持参される方もありますがこれは大変私たちには参考になります。「効率の良い診療」が出来るようにするには 皆様のご協力が必要です。

何卒よろしくお願い申し上げます。